くまに効果的なアイクリームの紹介

アイクリームで目元のくまを綺麗にする方法

目の下にくまがあるとき、あなたは疲れている印象を与えるだけでなく、老けた印象を与えます。おそらく5歳…いや10歳は老けて見えるでしょう。時折「見かけ年齢目で決定される」と称されるように、目の印象は重要です。

 

一般的にクマは、睡眠不足によって引き起こされた血行不良だと考えられてきましたが、実際は、それぞれの原因ごとにいくつかの種類があります。

 

そこで活躍するのがアイクリームです。アイクリームは総合的な目元ケアでくまを薄くする効果があります。まずはあなたの目元のクマがどんなものなのかしっかり理解しましょう。

 

クマのタイプは?

適切なケアを行い一日でも早く美しい目元を手に入れるために、まずあなたのクマのタイプを確かめましょう。まず軽く人差し指で目尻を下に押すように引っぱり、くまの色の変化をよく見てみて下さい。

 

目尻をを引っ張ったとき、クマの色が薄いのは「青くま」です。青くまの主な原因は、睡眠不足や冷え性です。青クマには、代謝がアップするアイクリームをお勧めします。
目尻を引っ張って何も変化しないのは「茶くま」です。茶クマは、紫外線?摩擦ダメージからの色素沈着、言ってしまえば目の周りのくすみが原因です。茶クマには、美白効果のあるアイクリームをお勧めします。
明るい場所で、鏡を持って顔を90℃ほど上向きにして、クマの変化をよく見てください。クマの色が薄ければ、「黒くま」です。黒クマは、ハリと弾力が減少したたるんだ目の影で、原因は乾燥や老化によるものです。黒くまには、レチノールを含むアイクリームをお勧めします。

 

 

青くまに効果的なアイクリーム

青クマの原因は、パソコン作業の長時間の疲れ目や睡眠不足などによって引き起こされている血行不良です。血流を流れを良くして、代謝を上げることが、廃棄物の排出を促進することがポイントです。
構成要素はカフェインのような全体の皮膚の代謝を促進するように考えられたアイクリームを使用すると、血管が拡張し、老廃物が排出しやすくなります。

 

アイクリーム以外での青クマ排除法
目の周りのツボ押しマッサージ

目の周りのツボをそっと押し血液の循環を促進しましょう。
推奨するツボは、「太陽」「承泣」「清明」です。

 

鉄分とビタミンEの摂取

鉄分とビタミンEは、血液循環を改善するのに有効です。
サプリメントより、鉄分は肉や赤みの魚、ビタミンEはアーモンドなどから摂るとなお良いです。

 

蒸しタオルで血行促進

目元を温かいタオルで覆うと、血液循環が促進されるので、青クマを排除する効果が期待できます。

 

十分な睡眠

いろいろな方法の前に、睡眠が1番重要です。
マッサージやツボ押しの前に十分な睡眠時間の確保を心がけて下さい。

 

茶くまに効果的なアイクリーム

茶くまは、目元をこすったことや紫外線によるダメージから色素沈着が発生し褐色になったくすみです。
くすみの原因のメラニン色素にあるので、メラニンの減少を促進し、排出する美白成分を配合したアイクリームを目の周り全体に塗りこむのが有効です。

 

アイクリーム以外での茶くま排除法
メイクを落とす際こすらない

クレンジングとスキンケアの時に強く目の周りをこするのはダメ!

 

紫外線から守る

紫外線はメラニン色素を作り出します。
日焼け止めクリームで紫外線対策をしっかりとしてみましょう。

 

こまめに目の疲れをケア

目が疲れたり乾燥すると、ついついだろう目をこすってしまう場合があります。目の疲れを感じる場合は、目薬などで頻繁にケアすることも重要です。

 

 

黒くまに効果的なアイクリーム

黒くまは、分かりやすく言うと「目周りのたるみでできた影」です。別称「影くま」としても知られています。
乾燥や老化によるハリと弾力の低下が原因のため、保湿とエイジングケアで目の周りのたるみを防止し、解消することが重要です。
アイクリームは、皮膚にハリをも与えるためのレチノール(ビタミンAの一種)配合のものをお勧めします。
刺激が強いので、目周り全体でなく目の下の中心部分に塗ることを推奨します。

 

アイクリーム以外での黒くま排除法
頭皮のマッサージ

頭皮にはツボがたくさんあり、刺激して和らげると老化防止の効果があります。

 

目元の筋肉トレーニング

目の周りのたるみは、目元の眼輪筋という筋肉の筋力低下が原因です。休憩時間の1分間、目を上下左右に大きく動かすと効果があります。

 

ライフスタイルの見直し

睡眠不足や偏食は、クマだけでなく体のむくみの原因にもなります。規則正しい生活と十分な睡眠をしてみてください。アイクリームランキングを見ればあなたに最適なアイクリームが見つかるでしょう。